みやぎ蔵王スキー場 すみかわスノーパーク 樹氷鑑賞ツアー

樹氷鑑賞ツアーinみやぎ蔵王スキー場 すみかわスノーパーク

樹氷鑑賞ツアーinみやぎ蔵王スキー場 すみかわスノーパーク

日本海を吹き渡るシベリアからの北西の季節風が、対馬海流(暖流)からたっぷりと水蒸気をため込んで、雪雲となって発達します。
この雪雲はやがて朝日連峰にぶつかり、上昇気流となります。
このとき断熱膨張により著しく温度が下がり含まれた蒸気が凝結核のまわりに凍りつき、多量の雪となって朝日連邦に降りおちます。

残った雪雲は、山形市を通過して蔵王連峰にぶつかり、上昇気流となって再び雪を降らせます。ただしこの時の雪雲には凝結核が少ない為、含まれる蒸気は、0℃以下でも凍らない過冷却水滴となって雪とまじりあった状態をつくります。

この過冷却水滴がこの時期特有の北西からの強い風によってアオモリトドマツの葉にぶつかって樹氷が出来るのです。
ちなみに過冷却水滴が小さい宮城蔵王は、綺麗な樹氷ができるといわれています。


樹氷鑑賞ツアー概要

樹氷鑑賞ツアーは片道約40分、往復で約2時間弱のツアーとなります。
暖房が完備されたキャビンの雪上車で外気温が-10℃という寒冷の世界へご案内します。

往復利用 予約制
運行期間 12月20(土)〜3月22日(日)
運行時間 平日 11:00〜13:00
土日 11:00〜13:00・13:00〜15:00
料金 大人4,700円 子供3,800円
予約受付 乗車希望日の1ヶ月前から 電話予約
乗車場所 ゲレンデハウス前

樹氷はどうしてできるの?

樹氷とは不思議なもので、蔵王の他は八甲田山などの限られた地域にしかできません。
樹氷の生育にはいくつかの条件をみたさなければなりません。

みやぎ蔵王スキー場 すみかわスノーパークの樹氷
みやぎ蔵王スキー場 すみかわスノーパークの樹氷
条件1
アオモリトドマツが自生している

樹氷はアオモリトドマツの木に氷と雪が付いたものです。
アオモリトドマツは亜高山地帯に生える常緑樹です。


条件2
雪が降るところ、降りすぎてもだめ

雪の少ない山では樹氷は出来ませんが、かといってあまりにも雪が多く降る山にはアオモリトドマツは自生できないのです。


条件3
気象条件

冬型(西高東低)の強い気圧配置で、強い西風が吹くとき


条件4
山の西斜面

冬は西風がふきます。湿った空気が蔵王の西斜面に吹き付けると、上昇気流となり水蒸気が過冷却水滴、つまり雲粒となります。
節状の形をしたアオモリトドマツの葉に、強い西風にのった過冷却水滴が衝突すると、一瞬にして氷になります。次々に過冷却水滴が衝突し、風に向かって成長します。
この時氷の間に空気を閉じ込めるので、白い氷になります。
この氷はエビの尻尾のように成長するのでエビの尻尾と呼ばれています。


条件5
雪が適当に降る

雪片がエビの尻尾にぶつかると過冷却水滴がのりの役目をして雪片をとじこめ、樹氷は更に成長します。


.

すみかわスキー場までのアクセスについて/バスをご利用の場合

すみかわスキー場までの無料送迎バス

    往路1   往路2
遠刈田温泉ZAO BOO前   9:45   11:30
すみかわスキー場   10:25   12:10

お問い合わせ
みやぎ蔵王スキー場すみかわスノーパーク TEL 0224−87−2610
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内ゲレンデハウス
http://www.zao-sumikawa.jp